レーベンスクラフト株式会社
HOME 最新医療情報 ホスビジョン バーチャルトレッドミル 田七人参 会社概要 お問い合わせ
ホスビジョン ホスビジョン

不安、苛立ちを和らげ早期退院をうながす
コミュニケーションシステム=ホスビジョン
入院患者が常に持つ不安感(これから自分はどうなるのだろう?治療、手術、療養生活を送り、もとの元気な自分に戻れるのか?)は、一部の医師からのありきたりな説明、ナースの通り一遍の対応で、すべて取り除けるものではありません。

日々精神的不安定の中で過ごす病院での療養生活において、時として不満や猜疑心から憤りを生じ、それが完治を願う家族や介護者へ向けられ、患者が本来持つ自然治癒力が阻害されることもあります。
精神的ケアの立ち遅れが、患者とより一層高度化した医学・医療技術機器の進歩との間に深い溝を生むものと思われます。病院の門をくぐり、医師・ナースに託する患者さんの希望は・・・
1)良い医療行為を受けたい。
2)早く病気を治したい。
3)快適な環境で入院生活を送りたい。
4)安い費用で済ませたい。

の4つにまとめられると思います。

病院内コミュニケーション・システム「HOSVISION(ホスビジョン)」はレーベンスクラフトの基本理念に基づき開発されました。病院の設備の一環として入院生活における患者さんに、精神面における豊かさと安定を支援する安らぎを育む情報(映像)を提供し、患者さんの治癒力向上に貢献すること、治療を施す側と治療を受ける側との、ツーウェイ・グッドコミュニケーション(相互理解)への手助けとなることが、本来の目的です。

表紙フォト 「生命あるがきり」(文/エリザベス・キューブラー・ロス 写真/マルワ・ワルショウより)
この写真はエリザベス・キューブラー・ロス博士の許可を得、マルワ・ワルショウ氏より提供されました。キューブラー・ロス博士は「死ぬ瞬間」などの世界的ロングセラーの著者であるり、アメリカにおけるホスピス運動の思想的基礎を築いた人として知られています。
マルワ・ワルショウ 氏はニューヨーク在住の高名な写真家で「伝統」などの写真集があり、ブラット学院で教える一方、彼の作品は多くの美術館で展示されています。



ホスビジョンシステムとはホスビジョンシステム開発コンセプト
平成4年度  新医療技術開発研究平成5年度  新医療技術開発研究平成6年度  新医療技術開発研究
平成5年度  新医療技術開発研究官民共同プロジェクト研究シンポジウム
ホスビジョン導入例ターミナルケア・ホスピス
HOME最新医療情報ホスビジョンバーチャルトレッドミル田七人参会社概要お問い合わせ


ホスビジョンシステムとは
ホスビジョンシステム開発コンセプト
平成4年度
 新医療技術開発研究
平成5年度
 新医療技術開発研究
平成6年度
 新医療技術開発研究
平成5年度
 新医療技術開発研究
 官民共同プロジェクト研究
 シンポジウム
ホスビジョン導入例
ターミナルケア・ホスピス
研究紹介メディア
ホスビジョントップ
Copyright (C) 2007 Lebens kraft Co., Ltd.All rights reserved.