レーベンスクラフト株式会社
HOME 最新医療情報 ホスビジョン バーチャルトレッドミル 田七人参 会社概要 お問い合わせ
バーチャルトレッドミル バーチャルトレッドミル

病中病後の歩行訓練(リハビリテーション)などの医療用をメインとして開発研究
レーベンスクラフトでは平成8年(1996年)より、厚生省の厚生科学研究補助金(新医療技術開発研究事業・官民共同プロジェクトの研究委託平成8年〜10年)の交付を受け、『バーチャル・トレッドミル・システム』の研究に着手しました。 金属板の上を歩くと、市街を散歩しているような仮想現実を体験できる装置として開発し、装置の使用者は頭部に付けて映像を見るヘッド・マウント・ディスプレイ(HMD)を装着して、模型やコンピューターグラフィックス(CG)で制作した仮想空間を歩き回ることができるというものです。 この「バーチャルトレッドミル歩行訓練機」は、病中病後の歩行訓練(リハビリテーション)などの医療用をメインとして開発研究され、その他体感型ゲームなどへの利用も考えられるものとして開発研究されたものです。

研究成果の発表

日経産業新聞
レーベンスクラフト:街散策、仮想実現で:靴の動きで画面内歩く(第7219号1面 1999/3/12)

読売新聞
夕刊9面「サイエンス」(2000/9/11)

TV放送
「ズームUP'79(総理府委託番組)、ベンチャービジネス!―今、産学連携の時代へ―」1997/8/2 ABC系列放映

その他論文・講演等でも様々な研究成果の発表が行われました。

日経産業新聞
日経産業新聞
※記事拡大表示

読売新聞
読売新聞
※記事拡大表示

平成8年度
 新医療技術開発研究
平成9年度
 新医療技術開発研究
平成10年度
 新医療技術開発研究
バーチャルトレッドミル研究室紹介
HMD・ミニチュア散策システム・歩行面機構
研究紹介メディア
バーチャルトレッドミルトップ
Copyright (C) 2007 Lebens kraft Co., Ltd.All rights reserved.